脱毛の豆知識

脱毛するとホルモンバランスが崩れる?


「脱毛するとホルモンバランスが崩れる」という噂があります。確かに、女性でも生活習慣の乱れやストレスの影響で男性ホルモンの分泌量が増えてしまうことがあります。


男性ホルモンのテストステロンが、II型5α-リダクターゼという酵素の働きでDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変換されると、AGA(男性型脱毛症)という脱毛症を引き起こしてしまうことがあります。


噂されていた「脱毛するとホルモンバランスが崩れる」というのは、このAGAの理論となんらかの噂が混ざってしまったことから発生したことで、根拠はありません。


(男性ホルモンが増加して)毛が減る、(女性ホルモンが減少して)男性ホルモンと女性ホルモンのホルモンバランスが崩れる、といったことが混ざり合って勝手に作られた噂ということです。なので、サロンや医療機関で脱毛処理を受けたからといって、ホルモンバランスが崩れるということはありません。


ただ、性ホルモンの種類によって体毛の種類は異なるというのは事実です。性ホルモンが関係していないのは、眉毛、まつげ、手足の毛、などの体毛です。


濃さや太さに性ホルモンが関係するのは、わき毛、陰毛、などです。男性ホルモンが関係しているのは、ひげ、耳毛、胸毛、腹毛、背中の毛、などです。


男性ホルモンが著しく増加すると女性でもわき毛が濃くなったり、陰毛が硬くなる可能性があります。脱毛処理を受けるとホルモンバランスが崩れるというのは単なる噂でしかありません。しかし、女性ホルモンが多ければ剛毛化が抑制されるので、脱毛の効果が早く出る可能性があります。


逆に、男性ホルモンが優位になっていると効果が出るまでに時間がかかる可能性があります。「自分は剛毛だから脱毛の効果が出にくい」という人は、女性ホルモンの分泌を増やす、男性ホルモンの分泌を抑えるような生活を心がけることが大切です。大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをしてくれるのでオススメです。