脱毛の豆知識

毛抜きでムダ毛処理する時に気を付けるべきこと


カミソリで剃る方が手軽に行う事は出来ますが、次ぐに無駄毛が生えてくるまでの時間と言う事を考えると、毛抜きの方が処理回数も少なくて済むと言う点から敢えてこの方法を選ぶ人は少なくありません。


ただ実際にはカミソリで処理する時以上に肌にも負担を掛けてしまうので、なるべくトラブルを起こさないようにする為にもこの方法で無駄毛の処理をする時には充分気を付ける必要があります。


まず一つは、毛の向きに沿って抜くと言う事です。どんな向きに引っ張ったとしても抜ければ良いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実際にはそうではありません。ポイントとしては毛の向きに合わせて抜く事、さらにゆっくりと抜くのではなく一気に抜きます。そうする事によって最も痛みも少なく失敗も無く抜く事が出来るようになります。


また毛抜きで肌を挟んでしまわないようにすると言うのも重要です。人によってはどうしても根元の方を挟みたいと思って毛抜きで肌を挟んでしまう事も珍しくありません。確かに根元の方を挟んだ方が失敗しにくい傾向にはありますが、実際にはそれによって肌を挟んでしまう可能性がでてきます。気付かずに引っ張ってしまうと傷になる場合もあるので十分気を付けなければいけません。


もう一点は、出来るだけ毛穴を広げておくと言う事です。毛穴が広がっている状態の方が抜けやすくなるので、蒸しタオルなどを使って温めておく事が重要です。また丁寧に温めておく事によって、感じる痛みも最小限にする事も期待出来ます。


後は抜いた後は手入れを丁寧に行うと言う事です。埋没毛が出来たり毛穴が目立つ様になったり、さらに場合によっては化膿してしまう事もあります。毛抜きで無駄毛を抜いた後は丁寧に保湿をする事が重要です。


また肌歯とてもデリケートな状態になっているので、余計な刺激を与えないようにします。炎症が起きた時等は抗炎症作用のある塗り薬を利用したり、必要に応じて皮膚科で診察してもらう様にすべきです。