脱毛の豆知識

カミソリによるムダ毛処理のメリットとデメリット


カミソリを使って無駄毛処理をすると、肌に大きな負担をかけてしまいます。


もともと肌バリアはラップ2枚分くらいの厚さしかなく、非常に薄いものです。そこに毛を処理しようとして刃を当てるのですから、肌バリアを傷つけてしまうリスクが高いです。


カミソリは毛抜きで処理するよりも、一度に広範囲処理できるというメリットがあります。痛みもありませんし、サロンや医療機関の光脱毛やレーザー脱毛のように大きな費用もかかりません。


しかし、カミソリで処理するとすぐに生えてきてしまうというデメリットがあります。生えたら剃る、を安易に繰り返していると、毛を剃っている間に皮膚の角質も傷つけて剥がしてしまいます。すると肌は外部からの刺激から身を守ろうとして、角質が硬くなったり、炎症を起こしてしまうようになります。炎症が起こるとかゆくなることもあります。


角質を傷つけているということは、バリアなしで肌が露出している状態です。ここにさらにカミソリで刺激してしまうと、メラニン色素が集まり、色素沈着などの原因になります。


また、なんども剃ることで毛穴を広げてしまうこともあります。なるべく負担をかけずにカミソリで処理するには、毛の流れに沿って剃ることがポイントです。


毛の流れと逆方向に剃るとしっかり剃れてスピーディに感じられますが、これだと毛穴を押し広げてしまうので、毛穴が大きくなってしまう可能性があります。毛穴が開いてしまうと肌にポツポツとした黒ずみができるなど、見た目が悪くなってしまいます。


カミソリの種類では、複数の刃ではなく一枚刃のものを選びましょう。複数刃だと剃りやすいですが、肌への負担も大きくなってしまうからです。切れ味が悪くなったカミソリや、錆びてしまったものは使わないようにしましょう。衛生上良くありません。


剃るときには石鹸やボディーソープではなく、必ずシェービングジェルを使うようにしましょう。石鹸やボディーソープは滑りが悪く、剃るときの摩擦を大きくしてしまうからです。